やりたいことやってきたから報告するよ!

Twitterで見たものを検証したり、ズボラ家事、便利グッズ、福岡と熊本のことなどが書いてあるブログ

最初で最後のカットモデル

f:id:qookunikiya:20200129193849j:plain

 

大学生の頃、カットモデルをしたことがある。

カットモデルといっても雑誌に載るようなものではなくて、単なる練習台の方で。

 

友人から、

 「知り合いの美容師さんがカットモデルを探している」

 「カットモデルは料金が安くなる」

 

ということを聞き、

 

 「安くなるなら良いじゃん!」

 「なにそれ気になる!」

 「どうせ誰が切ったって変わらない髪だし!」

 

と随分乗り気の状態で紹介してもらうことになった。

 

髪が伸びると面倒が多いのですぐ切りたくなる

お金のない学生

だったわたしには、カットモデルの響きは魅力だった。

 

 

 

友人に美容師さんの連絡先を教えてもらい、約束をした日に閉店後の美容室に行った。

 

その日は、店長さんと担当のMさんの2人が残っていた。

 

「店長の〇です、よろしく」

 

てっきりMさんと2人だと思っていたので、店長がいるんだな、と思った。

店長は美容師!という感じで少しチャラけていたが、店長っぽい威厳があるようにも見えなくはない。

 

Mさんは痩せ型で優しそうな人だった。

新人!という感じではなかったので、練習して技術を磨きたい人なのかな?という印象を持った。

 

わたしはMさんに席まで案内され、

店長はその隣で練習なんだか作業なんだか、とにかく何かをするようだった。

 

カットモデル、というので何か変な髪型にされるのかと思ったが、希望を言って良かったので助かった。

わたしはいつも通り、今の髪型より短くしてもらうことにした。

 

Mさんとは友人に連絡先をもらって日程のやりとりをしたくらいで、初対面だったので、切られながらいろんな話をした。

 

「カットモデルとはいえ、普通に美容室に行くのと同じじゃん!練習台とはいえ安いなんてラッキー☆」

と思っていた。

 

担当のMさんとはちょっと仲良くなれたんじゃないか?くらいのときにカットが終わった。

仕上がりも普通に美容室に行った時と変わらない。

 

「カットモデルはずっと探しているって言っていたし、伸びたらMさんに切ってもらうと良いな。これがwin-winってやつかな」

 

と思っていた。

 

切られ終わったのでお金を払って帰るのかな…と思ったら、店長が出てきた。

講評的なことをするようであった。

 

    

 

 

 

店長「Mくんさぁ…まず!なんで映画の話をしたの?」

 

Mさん「え…」

 

聞いているこちらも「え?」である。

まさかの会話のダメ出しであった。

 

 

店長「国木屋さんはハキハキ喋ってるじゃない!」

 

Mさん「はい…」

 

 そう、わたしは外でハキハキ喋るタイプ!外面が良いタイプ!

 

店長「国木屋さんはアクティブな人なんだからさぁ〜。そうだよね?

 

とてつもない圧を感じた…。

 

わたし「は、はぁ…。」

 

店長「ほらぁ〜!だから、映画の話とかじゃつまんないの!もっとアウトドアな話をしないとさぁ〜」

 

わたし「(アウトドアの話は無理だ…映画の話楽しかったよ!!Mさん!!)」

 

店長「あとなんでこんなに前髪切ったの?」

 

わたし「それはわたしg…」

 

店長「この髪型でこんなに前髪切ると変だよ!ねぇ国木屋さん?」

 

わたし「(切って欲しくてお願いしたのに、変であることが今判明してしまったんですが…。)」

 

Mさん「…。」

 

店長「あとさぁ〜…」

 

 

地獄の講評。全て的外れ…。

 

わたしはハキハキ喋っているのでアクティブなタイプらしいです。

思いっきり引きこもりなんですが。

 

こうして20分くらい好き放題言われたあと、とっても疲弊して帰宅することができました。

お金をもらいたいレベルだった。

カットモデルも楽じゃない。

 

 

 

…これでカットモデルは最後にする!と思ったわけではなく。

 

数ヶ月後、懲りずにまたカットモデルをしようと思ってMさんに連絡したら、

 

「バイクで事故ってしまって復帰が未定です」

と返事が来た。

 

Mさーーーーーーーーん!!!!!!!!!!

 

…めちゃめちゃ心配だったけど、前回のカットモデルのこともあって気まずい…。

 

Mさんの復帰はいつになるかわからないけど元気らしいことを知り、カットモデルはもうやめておこう、と思ったのであった。