やりたいことやってきたから報告するよ!

Twitterで見たものを検証したり、ズボラ家事、便利グッズ、福岡と熊本のことなどが書いてあるブログ

就活をしていた時に、同い年の素敵な紳士に会った話

どうも国木屋 空(くにきや くう)です。

就職活動は…ウン年前の話ですが!

 

その時に出会った人の話が結構印象的だったので、今日はその話を〜!

思い出話だよ〜!!

 

 

わたしはインターンの説明会に行ったのである

 

わたしが大学3年生の時でした。

 

「就活って何するの??マジでわからん!!!」

と思っていて。

 

わからんなりにちょっと就職活動のスタートダッシュをしたい!と思っていまして。

 

そんな時に申し込んだのがみん就のインターンの説明会でした!

(みん就…みんなの就職活動日記?かなんかね!)

 

それが2009年の4月末くらいだった気がします!

 

えっやばいそれってちょうど10年前じゃん…びびるわ…引くわ…

 

会場は六本木ヒルズ!

わざわざ飛行機かなんかで行った気がしますね…。うぅ地方民のつらさ…。

 

 

 

早くもサボり癖が出ていた

 

地元の友人も同じ説明会に行くという事で、現地で待ち合わせたりもしたのですが。

 

インターンの合同説明会みたいな感じだったので、たくさんの会社さんが来ていました。

そして、自分の気になる会社の話だけ聞いたら、あとはほんと暇っていうか。

友人とそのあとの約束をしていたので、帰りたかったのに帰れなかったんですね。

 

合説とかこういう時の団体行動はマジでやめたほうがいい。

待ったり待たれたり、めんどくさいからね!!(笑)

 

んで、暇なのでご飯でも食べようと思って、プラプラしていた訳です。

 

 

 

六本木ヒルズをプラプラしていたら紳士に出会った

 

そしたら、同じ就活生の方に話しかけられまして。

確かメガネをかけていてシュッとした男性でした。

f:id:qookunikiya:20190411184647p:plain

一応メガネの男性の画像を入れてみましたが、全然似てねぇ(笑)

 

その方が、 

「パンフレットをコピーさせてくれないか?」とのことで。

 

なんでも、会場に行ったらもうパンフレットが無くなっていたとのこと。

 

あぁ〜確かに、めっちゃ人いたもんねぇ〜!

エレベーターでしか会場に行けないので、エレベーター待ちの列がえげつなくて

わたしも開場前に行ったのに人が多すぎて40分くらい待った記憶が!

 

そりゃパンフレット無くなるわと。

 

暇だったのでもちろん了承してその方と一緒に六本木ヒルズ内をコピー機を探して歩き回ったんですけど。

すぐには見当たらず。

 

わたしは

・今回の合説では雰囲気を味わいたかっただけ

・結局インターンの情報が東京近郊のものばかりだった

・福岡でまたインターンの説明会に行こう!

 

と思っていたところだったのでもうパンフレットいらないやと思って。

 

パンフレットを差し上げることにしました。

 

そうしたらちょうどお昼時だったこともあり。

 

「ご一緒にランチでもいかがですか?」とお誘いをうけました。

 

・同じ就活生の話を聞いてみたい

・この流れは奢ってもらえるやつな気がするから行きたい

・奢ってもらえないにしろ行きたい

・あわよくば仲良くなってムフフ

 

みたいないろんな欲望が渦巻いて、了承し、一緒にランチに行くことになりました!

 

 

 

六本木ヒルズのランチの値段がハンパなかった

 

もうね10年も経つとね、ほとんど覚えていないんですけども。

ランチの値段がハンパなかった気がします。

 

ランチで3000円!?みたいな。

 

え??みたいな。

 

ちょうどお昼時ってこともあって、ものすごく並んでいたとか、入れなさそうだったとかもあった気がします。

んで空いている店が高かったとかじゃないかな。

 

それともヒルズ内の場所的なものかしら??

 

とにかく、

「この価格帯はおごってもらうにしろ自分で出すにしろ高すぎるだろ!!!」

と思いましたが…。

 

颯爽と

「このお店にしましょう」

と案内してくれる男性。

 

「はい!」

とか言いながら一緒に入店して青ざめた気がするので、2000〜3000円くらいしてそうですね。ちょっとしたコースだった気がしなくもない。

もう何食べたか忘れたけど!(笑)

 

とりあえずその方と同じものを注文しました。

 

 

 

そこで今でも忘れないフレーズを聞いた

 

ランチを注文すると、飲み物を聞かれまして。

「お飲み物は何になさいますか?」と。

 

すると、その男性が注文したものが…

 

「ガス入りの水、ありますか?」

 

ガス入りの、水…???

炭酸水ってこと…だよね??

 

混乱しつつも、同じものを注文するわたし。

 

(たぶん出て来たのはペリエだった気がする)

 

ガス入りの水…ガス入りの水…

 

いや!わかるんですけど!

もちろん理解はしているんですけど!!!

 

人生で初めての六本木ヒルズで、一緒にランチしている知らない男性から聞いた

「ガス入りの水」

というフレーズが妙に耳に残って…!!!

 

都会の人は違うなぁって…!!!

わたしの口から「ガス入りの水」って単語が出る事は、この日が無ければ一生無かっただろうなって。

 

衝撃でかかった。

漫画だったら見開きですよこんなもん!!!

 

 

そして緊張しつつも普通に会話しつつ、ランチを食べました。

大学の話とか、出身地の話とか…。

 

同い年という共通点はあるものの、出身地も、現住所も違う方とお話しするのは初めてで、なんだか不思議な感覚がしたことを覚えています。

っていうか都会人にビビっていた、九州から出たことのないわたし(笑)

 

 

 

あまりの紳士っぷりに混乱したわたしの痴態

 

その方はわたしがトイレに行っている間に会計も済ませてくれるという紳士っぷり!!!

 

なんでや!!!

パンフレットそんなに高くないわよ!!!

と思いつつも。

 

さすがに悪いので支払おうとしても断られ。

「パンフレットを頂いちゃったんで」

とかなんとか言われたような気がする。

 

そうしてお店を出ました。

 

 

「じゃあ…」

と言ってその男性はサクッと合説に向かおうとしていました。

当たり前だわな、合説に来たんだから…!

 

えっでもこのままこんなに奢られたままでいいの!?

たいしたことしていないのに、持っていたパンフレットをあげただけで??

 

釣り合っていない気がする!

なんか申し訳ない!!

 

お礼がしたいけど、連絡先を聞いてもこの先連絡するかどうかわからないし。

 

でもありがたい!

ありがたいけどお礼はもう言ったし…どうしよう!?

 

あれ、もう歩き始めているし、このままサクッと帰っちゃうよあの人!!

 

そうして口から出た言葉が、

 

「せっ…

 

 せめてお名前だけでもっ!!!!」

 

って(笑)

 

マジで言った(笑) 

 

いやほんとね、時代劇みたいなセリフをね、まさか自分の人生で言うことになるとは思わなかったですね。

今後の人生でまた言うかもわからないし。

 

すごい経験したなぁ、何言ってんだわたし…とか思いながら。

 

そうしたら、さくさく歩いていたその方が振り返って一言。

 

「〇〇です!」

 

と。

名字だけを伝えて颯爽と帰って行かれました…。

さわやか〜!

 

しかもそのわざわざ聞いた名字もう忘れた(笑)

代々語り継ごうと思っていたんですけど、忘れてしまいました。

 

いや、その時は覚えていたし、衝撃的な出来事すぎてmixiかなんかにも書いた記憶がある。(アカウントごと消したけど)

 

うわーん、誰ー!!!

もう絶対思い出せる気がしないよ〜!!!

 

 

今でも炭酸水を見るたび、彼のことを思い出します…

顔忘れたけど。

 

あと、見るたびはさすがに嘘ですね。

たまにね…

 

「その人が今では夫です☆」みたいなこともなく…(笑)

後日Facebookで知り合いに…ってことも無く(笑)

 

 

というわけで、

2009年の4月末、六本木ヒルズで開催されたみん就のインターンの説明会で九州女にパンフレットをもらい、ガス入りの水を飲み、ランチを奢ったと言う方がいらっしゃったらぜひ連絡ください!!!!

 

いやぁ見つかったら面白いなぁと思うんですけど。まあ無理かなと思いつつ(笑)

 

なかなかない体験でした。色々とね(笑)

こういう、もう2度と会うかわからないみたいな人とのやりとりってロマンがありますよね…!旅行先での出来事とか。

 

他にもいくつかあるのでまとめたいですわ!!! 

 

紳士にあの時のお礼をまた言えるといいなぁと思いつつ!

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

 

 

その他実体験のお話は↓こちらから〜!

www.qookunikiya.com