やりたいことやってきたから報告するよ!

Twitterで見たものを検証したり、ズボラ家事、便利グッズ、福岡と熊本のことなどが書いてあるブログ

KB出版から電子書籍化の話が来たぞ~!!!

f:id:qookunikiya:20190322175408p:plain


どうも国木屋 空(くにきや くう)です。

なんか調べたら同じ人がたくさんいるみたいですね!

 

KB出版さんというところから、電子書籍化のご提案がありました!

 

調べてみたのでまとめるよ~

 

 

KB出版って?

 

KB出版さんはKindleの電子書籍をたくさん作る予定?なの?現在何冊かもう出版されているようですが!

 

電子書籍メインの出版社のようですね~。

 

検索してみると、ブログをされている方でお声がけをされた方が結構いるみたいですね~。

 

手出しの費用無しで出版してくれるみたいです!

 

 

 

電子書籍化の条件

 

・出版、宣伝まではKB出版がやってくれるらしい

・こちら側はブログの記事プラスアルファで原稿を書くだけでいいらしい

・表紙も描いてくれるらしい

・発生した収益の20パーセントを受け取れるらしい

・収益の受け取りは年一らしい

 

いただいたメールやらなんやらを総合するとこんな感じ?

 

20パーセント受け取れるならいいなぁと思ったけどちょっと!待って!!

 

 

 

Kindleで出版すると

 

調べてみたんですけど、Kindleでは個人で出版することができますね!

Kindleダイレクトパブリッシング)

 

んで、Kindleで個人で出版した場合、収益を35%受け取るか、70%受け取るか選べるという…(諸要件がありますが。)

 

価格設定はどうするのか知りませんが、KB出版さんは「Kindleの収益の20%」とおっしゃっているので、たぶんその選んだ35%か70%に20%を掛ける形になるんじゃないかな?と!(予想ですけど)

 

ということは、一冊100円にした場合、一冊売れると自分の手元に入るのは収益70%の場合14円か…35%だと7円。

 

うーん…???

 

 

 

Kindle Unlimitedに登録すると意外と読まれるらしい

 

個人でKindleで出版して、Kindle Unlimited(読み放題サービス)に登録すると、意外と読んでもらえるようで

 

読んだページ数に応じて地味に収益が出てるよ~というツイートを以前見ました!

(改めて探したけど見つからん!)

 

なのでわたしもやりたい!と思っていたところだったので、電子書籍化のお話はうれしかったんですけど!

 

 

 

悩みのポイント

 

初めて電子書籍出すならそりゃ色々やってもらった方が嬉しい!けども

収益の20%ってどんなもんかな?と!

 

宣伝までやってもらうならそりゃありがたい!けども、

どの程度まで宣伝してもらって、どのくらい効果があるのかな?と!

 

 

あとねー、一番引っかかるのが、「収益の振込が年1回」というところですね!

月1とか半年に1回とかだと、めちゃめちゃ微々たる収益でも嬉しくて頑張れると思うんですけど!

 

年1かよ~、年1かぁ

正直テンション上がらん。

そりゃあ手間なんだろうけど、年1って…えぇ〜!

 

毎日毎日グーグルアドセンスの画面見てるわたしとしては、モチベーションになりにくいなぁと

 

うーん、うーん

 

1つの経験と電子書籍化してもらって、それをレポートしてもいいかな?と思ったんですけど、そんなん他の誰かが絶対にやるだろう

 

あとね、表紙が選べないっぽいですね。

自分の書いた内容に描かれる表紙、選びたくないですか?

むしろ、自腹切ってでも自分の希望を描いて欲しいくらいなのに。勝手に描かれるのか…。

 

なんかそれなら、わたしの手で出版してみたくなりました。

 

 

 

結論

 

Kindleの電子書籍化は自力でやりたい!!!

 

乞うご期待!!!!

 

内容未定!!!

 

出版日未定!!!

 

全て未定!!!(笑)

 

 

 

まとめ

 

わたしみたいな弱小ブログ運営者には大変ありがた~いお誘いでした!

 

うれしい!!

 

たとえ数百人数千人に送っているとしても!!

 

うれしいよ!!!

 

選んでくれてありがとうございます!!!

 

ただ、やっぱりお金の絡むことはしっかり自力でやりたいな☆

と思いました。

 

わたしがKindleでもしなにか出版する時には、随時報告させていただきます~!

その時は!ぜひ!よろしくお願いします!!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!