やりたいことやってきたから報告するよ!

最近、Twitterで見たものを検証するサイトになりつつある…ズボラ家事、便利グッズ、福岡と熊本のことなど

【怪しいバイト?】アミューズメント施設の市場調査のアルバイトをやった話

f:id:qookunikiya:20180530133448p:plain

 

 

どうも国木屋 空(くにきや くう)です。

まさかこの話から書き始めることになるとは…

 

 

わたし、今までアルバイトを30個くらいやってきているんですね!

 

その内容は随時書いていこうとは思っていますが、よかったらコメントやツイッター@などからリクエストなどお待ちしております!

 

 

で、リクエストいただいたのが、まさかの一番怪しいバイト…

アミューズメント施設の市場調査」のバイトの話でした。

 

なんの話かって?

上のイラストを見て察してくださいね…

 

※フェイクあり

※10年くらい前の話です

 

では、書いていこうと思います!

 

 

 

応募したきっかけ

 

当時大学3〜4年生だったわたし。

大学の授業をサボりにサボり、だらけておりました。

 

「やばい、今月お金使いすぎたな…」

 

そう思ったわたしは求人情報誌を何種類も漁りに行きました。

※ちなみにこの習慣は今でもある。定期購読(?)している雑誌はタウンワークです。

 

 

 

クソ怠惰野郎だったわたしは

「シフト制のバイトとかだりーから短期とか日払いのバイトしてぇわ…」

と思いながら数冊の求人情報誌を読破。

そしてゲッ○サポートをパラパラとめくると、

 

「日給9000円〜、日払い!アミューズメント施設の市場調査!」

 

というのがありました。

当時のわたしがいた市の日払いの相場としては6000〜8000円だったのでかなり魅力的!

しかも日払い!

これは行くしかない!!!

 

とりあえず電話をかけることにしました。

 

わたし「あのー、アミューズメント施設の市場調査ってどういう…?」

 

担当者「あぁ、パ○ンコ屋さんやパチ○コ台の情報を雑誌に載せるために調査するんですよ〜」

 

わたし「へぇ〜そうなんですね!(無邪気)」

 

担当者「パチン○をされたことはありますか?」 

 

わたし「あります!!(バイトをしたくて元気に答える)」

 …そう、当時の彼氏に教えられて、わたしは多少打ったことがあった。

 

担当者「そうですか、では面接の日時ですが…」

 

かくして面接に行くことになった!

それは、わたしの住んでいる市ではなく、県で一番でかい市の中心部にあるビルの一室で行われることになった… 

日給9000円で日払いなら交通費(3000円弱)くらいすぐに取り返せるぜ!!と思っていたわたし。

 

面接に行ったよ!

 

バイトの面接だったので私服で行きました。

そして面接のあるビルへ。

あれ…会社名…違う…??(この時点でちょっと不安になる)

 

オートロックの玄関のところで面接に来たことを伝え、開けてもらう。

普通のマンションみたいな感じ…??

 

マンションの中で面接が始まる。

なんかちょっと不安になってきて「犯されたりしないだろうな…」と思い始めるわたし(たぶんそこじゃないと思う)

 

普通に採用の方向で話が進む。

ここでも、「雑誌に載せるための調査の一環である」と伝えられる。

「へぇー世の中にはいろんな仕事があるんだなぁ」と思った素直なわたし。

 

働く上でのルールの紙を見せられ、

「コピーとかもらえますか?」って聞いたら

「いえ、それはダメです」と言われたところで少し不安になる。

※内容全然覚えていないけど

 

出勤できるのは平日で、週に二度以上は出勤すること、それができない場合は自動的に退職になること?などがあったと思う。

出勤については専用のシステムがあって、明日出勤します的な連絡をしていたように思う。

 

また、100日以上勤務したら給料が日給10000円になる、などの昇給もあったような気がする。

ただし、わたしは二回出勤して辞めたのである。

 

 

 

初出勤の準備

 

面接で採用になったわたしは、そのシステムを使って明日出勤できるという連絡をすることになった。

 

こちらから次の日どの付近の現場に出勤できるという連絡をシステム上でする

当日の現場担当者から直に連絡が来る

最終確認として返信をする

 

といった流れだった。

 

また、調査の関係上、毎日現場が同じではないようだった。

システムでは隣の市や隣県なども選べ、どの場所に出勤できるかを自分で選べるようであった。

なんだかすごいシステムだと思った。

 

わたしの感想:すげー金かかってんなぁ

 

初出勤

 

かくして初出勤となった。

出勤場所の前に集合場所というものがあって、それはパ○ンコ屋…ではなく。

近隣のコンビニや駐車場などであった。

 

わたし「開店前だからダメなのかな?お客さんじゃないから良いんじゃないのかな?(ピュア)」

 

待ち合わせ場所でキョロキョロしているわたしに声をかけて来た人がいた。

 

「あー、国木屋さん??」

 

その人の風貌が…

 

どう見ても30代以上だけど髪は金髪(プリン気味)、アロハを着て短パンにサンダル、首にはでっかい重そうなキンキラキンのネックレス…

 

やべぇ人じゃん!!!!

 

なんていうか、見るからに「THE 成・金☆(カタギじゃないグレーな感じでバリバリに稼ぎました感)」って見た目だったんですよね。

 

わたしの心「あ、やばい、これはやばいわ…

やばい人「ちょっとそこの車に乗ってくれるー?」

わたしの心「やばい、犯される…

 

そこには結構大きめの車があり、その中で打ち合わせをするようであった。

何人か既に乗っている。

わたしが乗り込んでからも、知った感じで車に乗り込んで来る人がいた。

 

やばい人「これで全員かなー?じゃあ○さんは○番、○さんは○番…」

台の番号を指定しながら、現金を渡すやばい人。

みんなそのやばい人のことを班長と呼んでいた。

 

やばい人「空ちゃんは初めてだから、○さんフォローよろしくねー」

 

突然の下の名前呼び!!!距離を詰めて来ている…

隣にいた色気出してるお姉さんがわたしのフォローをしてくれるようだった。

 

 

バイト仲間…?

 

その時は5〜6人くらいいたのかな。

結構強烈な人が多かった。

 

・ヘラヘラした今時っぽいけど頭のよくなさそうな若者(♂)

・胸の開きまくった服を着た、色気ムンムンの化粧の濃い場末のスナックのチーママ風のお姉さん(たぶん40代くらい)

 ・ハゲ散らかした上に歯も数本ない不潔っぽいおじさん?おじいさん?5〜60歳以上に見える

・自称元パチ○コ屋の店長

 

二回出勤した中でこの人たちは両方の日にいたので覚えている…

衝撃だったのが、色気お姉さんとハゲ散らかしたおじいさんが付き合っている?ようでイチャイチャしていたことである…見せないでくれ…

それを見たときに一番、「あぁもうこれ絶対やばいやん」と思ったのである。

 

仕事内容

 

指定された台に座り、頂いたお金で打ちまくるのですが、あくまでの雑誌の調査なので、いくら入れてどのくらい回して、と常にデータを班長に送るのですね。

 

んで携帯に「○番に席を移動して」とか、「○さんから球をもらって来て」と指示が入るのです。

 

あれ、これってたぶんノリ打ちってやつでは…??

仲間内でめちゃめちゃ出している人がいたら、そこから球をもらって打ちまくりました。とにかくずっと。ずっと打つ。

 

台の種類??あれですよ、海ストーリーさんですよ…。

 

わたしはそのとき好きな漫画とか好きなアニメのパチンコを当時の彼氏に教えてもらって打ったことはあったのですが。

某海ストーリーさんは誰にでもわかりやすいものなんですね。

なんていうか、リーチになっても当たるか当たらないかでしかないし、演出もほとんどないし、わたしが打ったことのある他の台に比べてとにかくつまらなく感じた。

というかそんなに長時間打ったことなかったし。

 

特に初回出勤時わたしは当たりに当たりまくったんですけど、当たり続けているのはそれはそれで特に変化がなかったのでぜんっぜん楽しくなくて。

ずーっと音が耳に焼き付いて離れない…

耳栓しても無駄でした。

 

あと、お昼時間が30分で、実働時間12時間以上!?

時給にしたら普通にめっちゃ安かった…

 

お腹も空くし、座りっぱなしだし、目の前はチカチカ、耳はうるさくて仕方ないし、右腕は固定してて結構疲れるし、左手は携帯でメールを打ちまくる…

 

結構大変でした。

あとタバコ臭いのが本当に辛かった。

 

初めての給料…

 

そんなこんなで迎えた閉店時間。

開店〜閉店くらいまでいたと思う。

初日は大当たりに大当たりしまくって、人に球をあげまくったとはいえ、数十万円をゲット(10年くらい前の話です) 。

とはいえわたしのお金ではなく、雑誌の調査のためのお金なので。

 

パチ○コ屋さんとは何の関係もない、偶然隣にあってそのパチンコ屋さんの景品を買い取ってくれるお店で景品を買い取ってもらい、来たときに乗った車に戻ります。

お金を返すと班長から下の名前で呼ばれつつ、たくさん稼いだので褒められる。 

ねぇこれやっぱり雑誌の調査じゃなくない???(遅い)

 

そして日給9000円をもらう。

もらいつつ、わたしの技能では難しいほどの技術的なダメ出しを食らう(わしゃ初心者じゃい!!!)

 

そして班長「俺今日見て来たんだけど明日はあの店にしようかな〜」とか言ってた。

やっぱり雑誌の調査じゃないよね???(遅い)

 

おいおい、ゲッ○サポートよ、こういうの載せていいのか??

法律には触れてない…(のかな?)からいいのかな??

 

 

二度目の出勤

 

暇だったのと、交通費の分を取り返したかったのと、日払いに心揺れていたのと、あとちょっと色々気になっていたのでもう一度出勤したわたし。(昔からネタ探しに余念がないのだ)

 

その日はびっくりするほど当たらなかった。

すぐに消えていく一万円札。

自分のお金じゃなくてよかったと心底思った。

 

それでも一日中とにかく打ち続け。

前回と今回で足して2で割ったら0なんじゃない?くらい負け続けた。

人の当たった球を流し込み続けても全然当たらない。

 

天と地を味わったような気分でした。

怖かった〜!!!!!!!

 

でも別に負けたからと言って怒られるわけもなく。

普通に下の名前をちゃん呼びされて日給もらった。

負けたからとかじゃなくて、技術的な話で少し注意された。もっと回して!的な。

くっそ〜楽なバイトなどないなぁ、と思った。

 

ネットを見たら

 

気になって会社名(もう忘れたけど)で検索したら、2ちゃんねるに 

「会社が人を雇い、その日出勤できる人を班長が会社にお金を払って借りるシステム(儲けた分は班長ウハウハ)」だと書いてあった。

 

その書き込みがほんとかどうかはわからないけど、

 

やっぱり全然雑誌関係ねぇじゃん!!!

と思った。

 

当時の彼氏も…

 

その当時付き合っていた彼氏はお金の無い人で(なのにパチンコはしていた)、

 

「え?一日中パチンコ打つだけで9000円もらえるん?めっちゃいいじゃん」

 

とウキウキ応募していた。

そして出勤後に

 

「やっぱり他の台打ちたい、つまらない、出しても自分のお金にならないのは嫌だ」

 

とか出勤前から想像がつきそうなことを言っていた。アホかよ。

 

 

その後… 

 

週に二回以上出勤しないと自動的に退職になる、と聞いていたが、出勤しなかったので警告メールのようなものがきた。

「あなたは今週出勤していないので登録が抹消されますが良いですか?」的なやつ。

抹消されたらまた登録すればいいらしいとも聞いたが、もういいやと。

正直濃い経験にお腹いっぱいでした。 

 

当時の彼氏はパチンコを打ちに行って、例の集団を見かけることが何度かあったらしい。

が、しばらくして「最近あの集団見ないよ」と言われるようになった。 

近隣の店舗が「ノリ打ち禁止」になったのだ。(※仲間内で球を共有して打つこと)

 

あの人たちはどこに行ったのだろう…

週に5回は出勤して、土日はその5回で稼いだ金をぶっこんで生きていると言っていたあの強烈カップル…

ていうかその辺の店舗に行けばまだ居そうだけど。

 

調べてみたよ!

 

会社名を忘れてしまいましたが、いろんなキーワードで検索してみたら…

似たような組織の会社が普通に存在していました。ホームページもあった。

わたしが登録していた当時の会社名とは違うような気もするけど…

システムも普通に書いてあった。なんだやっぱりそうだったのか。

 

こんなに堂々と存在しているってことは怪しくない…のかな…?

あーよかったって思いかけたけど、いやいやいやいやよく考えたら

やっぱり雑誌の調査じゃなかったので、騙されたといえば騙された気はする。

 

世の中にはいろんな仕事があるのね。

 

アルバイトに応募するなら、

お祝い金もれなく3万円、最大11万円もらえるアルバイトEXがオススメ!

an、ジョブセンス、イーアイデムなど大手のサイトなど21社の一括検索ができるから、好みのアルバイトに巡り会える確率が高いよ!

 

↓アルバイトEX へのリンクはこちら